カテゴリ:製作( 153 )

ハンドメイドルアーを作ろう!!(その8)完成♪

いよいよ【ハンドメイドルアーを作ろう!!】も最後になります!!

それでは早速行ってみましょう~!!

前回、トップコートが終了しコンパウンドまで掛けましたね♪
f0026982_0261317.jpg


最終工程はリグ組みです

まず用意するものはこちら
f0026982_0265840.jpg

ピンバイスドリルですね♪

こちらはダイソーで手に入れたものです

数年前は1本入りでの販売で、しばらく店頭から消えていましたが数ヶ月前に2本入りで復活してました!!

いつ消えるかわからないので、是非getしておいてください!!

使うのは1.5mmの方です

こいつであらかじめヒートンを差す穴を空けておきます

今回使用したバスウッドは比較的柔らかいので、入り口だけ空いていればすんなり捻じ込めて

しまうのですが、桂など固めの木材では下穴を空けておかないと真鍮のヒートンですと途中で

捻じ切れてしまうことがあります。。。(汗)

ステンのヒートンならほぼ大丈夫ですが、空けて置いた方が間違いないです!

捻じ切れた時のイライラは半端無いんで(苦笑)

下穴を空けたらリグを準備しましょう!!
f0026982_0362947.jpg

今回はこんな感じです

当初はブレード仕様を考えていましたが、ブレードの在庫切れで急遽ペラ仕様にしました(汗)

ではリグって行きましょう♪

ペラはヒートンではなく、ビスを使いました

で、ヒートンを捻じ込んでいくのですが、便利な道具を紹介しましょう♪
f0026982_0404526.jpg

ヒートン捻じ込みツールドラゴンですw

1センチほどの丸棒に太いオープンヒートンを2液性エポキシ接着剤を使って捻じ込んだものです

ドラゴンはパテでフルスクラッチ(笑)

特にドラゴンは無くてもいいのですが、ラジペンなどで捻じ込むとヒートンにキズがついてしまいます。。。

ま、気にしなければラジペンでもいいのですが、ちょっとした気遣いみたいなもんです(笑)

サクっとリグリます~♪

f0026982_046713.jpg

f0026982_046466.jpg

おなかは~
f0026982_0461379.jpg

フックの遊びが大きいのでウィードレス効果はチョイ落ちますが、ワンフックなんでそこそこ抜けてくれるはずです

フックの可動範囲を制限するリグ(サーフェイスリグなど)を使えばよりウィードレス性能が上がると思います

言い忘れましたが、リぐる時に防水やヒートン抜け防止のために2液性エポキシ接着剤を使うと良いと思います!!

因みに2液性エポキシ接着剤を使ったヒートンを抜くとき、そのまま捻るとほぼ捻じ切れます(涙)

ですのでヒートンをライターで炙るか、ドライヤーで熱すると2液性エポキシ接着剤が柔らかくなり

ヒートンを抜きやすくなります!!








さて、長々とやってきましたがお付き合いありがとうございました♪

初めて作る方の参考になったかな???

あくまで先輩方のやり方+自己流ですので『ここはこうした方がいいだろっ!!』ってところがあると思います

そういうところはより良いやり方でやってみてください♪

おそらくハンドメイドルアーの作り方に正解は無いと思います

突き詰めていけばどんどん良いルアーが出来るんじゃないかなぁ?って感じます

今回の作り方を参考にしてみて、この作り方にアレンジを加えてみてください!!

もっと手を抜いてもおkだと思いますし(苦笑)

普段、自分用はかなり手を抜いてますんで。。。(汗)

f0026982_0461671.jpg


あとは釣るだけです

それが一番難しいって噂がありますが。。。

ではでは、これにて【ハンドメイドルアーを作ろう!!】を終了致します(礼)

おかげでルアー作れました~!!なんて声が聞けたら嬉しいですね~
[PR]
by ae86te27k | 2013-08-07 01:07 | 製作

ハンドメイドルアーを作ろう!!(その7)

それでは【ハンドメイドルアーを作ろう!!(その7)】行きましょう!!

いよいよトップコートです♪

前回の(その6)でカラーまで吹き終えましたね
f0026982_23303370.jpg


ではトップコートです!!

まず余分な油分を除去するために、シリコンオフでルアーを軽く拭きましょう
f0026982_23314586.jpg

直接ルアーに吹かずに、ティッシュペーパーややわらかい布に吹き付けて拭いていきます

で、トップコートですが今回は2液性ウレタンクリアで行います

私が使っているのはこちらです↓
f0026982_23335831.jpg

パナロックのウレタンクリアです

こちらはエアブラシで吹くのが前提ですので、エアブラシを持っていなければ1液性のウレタンに

ドブ漬けや、缶スプレータイプのウレタンを使ってもOKです♪

ウレタンであれば、ドブ漬けの際の色流れはほとんどありませんよ

ただし、1液性ウレタンは保存状態が悪いとどんどん硬化してしまい、最後まで使うことが出来なくなってしまいます。。。(汗)

よく聞くのは、冷蔵庫での保管ですね♪

1液性のウレタンは空気中の湿度を吸収して硬化して行くので、湿度の低いところで保管するのが肝です

逆に言えば、ルアーコートするときは湿度が高いところで硬化させるとヌルっとした仕上がりになります

因みにセルロースは湿度の高いところですと白く曇ってしまいますので注意が必要ですよ!!








ちょっと話が飛びましたが早速吹いていきましょう~!!
f0026982_23443725.jpg

f0026982_23444057.jpg

1回目の吹きつけ中にゴミが入り、完全乾燥する前にサンドペーパーで擦ってしまうと。。。こんな風に黒くなってしまいました(涙)

が、ご安心を!!サンディング可能まで硬化させてからサンドペーパーで削ってしまえは消えてしまいます

塗装まで削らないように注意が必要です!!

つまりゴミが入ってしまったら、乾燥させてから削り取ればリカバリー出来るんです♪

番手は1000番位の極細かいものが良いですね





乾燥→ウレタン吹きつけを数回行ったら、最後の吹きつけの前にアイを取り付けます
f0026982_23511011.jpg

マップピンの針の部分をニッパーなどで短く切ります

そして、2液性エポキシ接着剤などで接着します
f0026982_23523139.jpg

今回は白目にしてみましたが、いまいちでした(汗)



取り付け後最終コートを吹き付けます

そのときウレタンの塗膜が柚子肌っぽくなっていたら、乾燥する前にシンナーかる~く吹き付けます

そうすると、塗装表面が少し溶解され綺麗な塗装面になります♪

そして完全乾燥させます

時期にもよりますが、私は約2日間乾燥させています

乾燥したら1度表面をサンディングします

1000番位サンドペーパーでも良いのですが、削りすぎてしまう可能性がありますので

こんなものをつかってますね↓
f0026982_011632.jpg

スポンジ研磨剤って奴ですね

曲面になじみやすく使いやすいです

そしたらコンパウンドでヌルヌル鏡面仕上げにしていきます

いつもは液体コンパウンド
f0026982_031655.jpg

こんな奴を使っているのですが、探したけど見つからず。。。

なので今回はこれを使用しました
f0026982_04356.jpg

特に問題はありませんでしたが、液体のほうが使いやすかったですね~

f0026982_053383.jpg

スマホで撮った写真ではヌルヌル感がいまいちですが、実物は良い感じですよ~♪

さてリグ組み!!と思ったのですが、思いのほか長くなってしまいましたので今回はここまです~!!

次回は完成までうpします!!

それではまた!!
[PR]
by ae86te27k | 2013-07-26 00:08 | 製作

ハンドメイドルアーを作ろう!!(その6)

ご無沙汰です~

またサボっちゃいました。。。

というか、遊び(サイクリング)が忙しくて(苦笑)

すっかり健康志向?になっておりロードバイクを乗り回しています♪
f0026982_10215880.jpg

こちらは利根大堰に行ったときに撮った写真です~

てか、うちから片道17kmくらいなんで夜勤明けの運動に何回も行ってますが(笑)

魚道の見れる施設があるんで鮎の遡上なんかも時期があえば見れるようです

往復34km。。。全然余裕なんですよね~

ママチャリじゃ考えたくもない距離ですがロードやクロスバイクなら良い運動どころか物足りないですね

夜勤明けライドなんで短い距離を高負荷で走って→ビール→寝るって感じです(苦笑)

ロードバイクもちょこちょこ弄っているんでブログにうpして行こうかなと思っております♪

走るのも楽しいですが弄るのはもっと楽しいんで!!

おかげですぐに3キロ痩せましたし♪

楽しくて健康にも良い!!もっと早くにやってれば良かったぁ~




さて、前置きが長くなりましたが【ハンドメイドルアーを作ろう!!(その6)】やっていきます!!

前回で下地作業が終わり、塗装に入っていきます

まずは、ラッカーホワイトを吹いていきます

下地をホワイトで仕上げてますが一応ラッカーホワイトで吹きます!

意味は。。。なんとなく(苦笑)
f0026982_10372991.jpg

当然代わり映えしない写真です。。。



で、今回何色にしようかなと考えた結果、ルアーらしいカラーと言ったらRH(レッドヘッド)でしょ?

ってことで簡単且つかっこいいRHにしたいこうと思います♪



まずマスキングテープを2種類用意します
f0026982_10402838.jpg

5mmと20mmくらいですね

で、5mmのほうでレッドの境目を決めていきます
f0026982_1042284.jpg

f0026982_10423142.jpg

このレッドの比率で同じRHでも雰囲気が変わっていきます

今回は割りとオーソドックスな割合かなと。。。

境目をどの位置にしてもカッコイイんですけどね♪

なぜ5mmを使うかと言うと、幅が狭いほうが曲面に馴染み易いからですね!

RHの境目くらいだったら20mmだけでも出来ますが、やり易さを考えてお勧めしておきます




次に白く残す方を隠していくのですが、昔は全てマスキングテープで隠していました。。。

今思うともったいないことしてました(汗)

そこで、用意するのは厚紙です
f0026982_1047487.jpg

私はスケッチブックを切って用意しました

端面に20mmくらいのマスキングテープを貼ってからの~
f0026982_1047105.jpg


巻き巻きします
f0026982_10471347.jpg

これで下半身のマスキング終了です♪

では、頭の赤色を吹いていきます~

因みに私はエアブラシを使いますが、もっていない人は缶スプレーでもOKですよ

使用するのは、ホムセンに売ってる普通のラッカー系カラーと希釈用にダイソーの紙コップの一番小さいやつを使ってます。
f0026982_1051265.jpg


写真にないですが、希釈はこれまたホムセンに売ってるごく普通のラッカーシンナーです

f0026982_10512982.jpg

こんな感じですね~

で、赤を吹いて思うことはピンクっぽくなってなかなか赤にならないのです

発色の良い赤を出すには、下地を黄色にすると良いですよ

もちろん今回は~そのまま吹きました。。。面倒だったんで(苦笑)

これでマスキングを剥がせばRHになりますが、ちょっと一工夫してみます

黒色のラッカー塗料で
f0026982_112138.jpg

アイサークルの要領でアイの窪みを吹いていきます
f0026982_112462.jpg

どうでしょう?ちょっとアクセントになりますよね~

で、乾燥し始めたらマスキングを剥がします♪
f0026982_1121055.jpg

f0026982_11192351.jpg


いい感じですね~♪

完全にルアーになりましたね!!

マスキング剥がしですが、完全に乾く前のほうが良いと思います

一度完全に乾燥してから剥がしたら、ペリペリと頭の赤が剥がれた事があったので。。。

今回はここまでです~!!

次回はトップコート~リグ組み~完成です♪

それではまた~
[PR]
by ae86te27k | 2013-07-23 11:08 | 製作

ハンドメイドルアーを作ろう!!(その5)

それではその5行ってみます~!!

今回は超短めです。。。手抜きでスイマセン~

前回アップロード出来なかったピンホールの画像から。。。
f0026982_2295757.jpg

気泡が入ったまま作業を続けちゃうとこんな感じになっちゃいます(涙)

もう色を吹いているって事は、このルアーは諦めてたんですね~(苦笑)

下地段階でピンホールを見つけたら、前回使ったホワイトセルロースを楊枝などをつかって

ピンホールに塗って凹みを埋めていきます!!

乾燥すると塗ったホワイトセルロースが痩せますので、何度か繰り返してちょっと塗装面が盛り上がる位まで行ってください。

そうすれば見事にリカバリー出来ますよ~♪




ではつづきです!!

f0026982_2216224.jpg

上の写真は前回のドブ漬けを8回くらい行って、乾燥させた状態です

乾燥は作っていたのを忘れるくらいじっくり乾燥させたほうが良いですね(笑)

接触可能乾燥はすぐですが、完全乾燥って結構時間が掛かるんですよね。。。

じっくり乾燥させたら耐水サンドペーパーで水研ぎをしていきます!!
f0026982_22195095.jpg

私は大体1000番くらいの番手で研いでます

なぜ研ぐのかっていうと、ドブ漬けですと液溜まりで表面が膨らんだり、今回のようなリグ穴やアイホールが

あると穴から垂れたセルロースが乾燥して凸部が出来るんでそいつらを削って平らにするためです。

研ぐときの注意点は、リグ穴周りやエッジ部分は塗膜が薄いので研ぎ過ぎると木材が露出しやすい事です。

なので、1000番くらいの番手が削り過ぎにならないからおススメです♪

で、水研ぎ後。。。
f0026982_22271458.jpg

写真じゃわかりませんな(苦笑)

あっ、そうそう下地を白にすると良いところは照明を当てると凹凸が良くわかるところです♪

水研ぎしながら明かりに当てると次に研ぐ場所がわかりますよ!

照明を当てるときは、水気を取ったほうが良いですね~



と、まあ今回はここまでです♪

次回はいよいよ塗装です

スイムテストしてないけど。。。完成させちゃいます(苦笑)

皆さんは浮き姿勢くらいは確認して下さいね~

ロードバイクの勉強もしています!!

実は本日納車しました~(笑)

中古なんでまずはメンテナンスからですね!!

では、また次回~♪
[PR]
by ae86te27k | 2013-06-23 22:32 | 製作

ハンドメイドルアーを作ろう!!(その4)

さて、前回のサラサラセルロース工程まで出来ましたでしょうか?

・・・って一緒に作ってる人いるのか(苦笑)

ま、それはさておき先日やっと初バスが獲れました♪
f0026982_91222.jpg

ペンシルで42cmくらいですね~

ダイブ中だったので、まだいまいちやる気無い?って感じでした









では、つづき行きましょう~♪

f0026982_9132457.jpg

何度かドブ漬けしたら800番くらいのサンドペーパーでサンディングします
f0026982_9154532.jpg

サンディング→ドブ漬け→乾燥を数回繰り返します

回数は。。。適当です(笑)

ドブ漬けしたとき泡が出なくなれば大丈夫だと思います~










今回はマップピンアイですので穴をあけていきましょう
f0026982_918158.jpg

マップピンの隣にあるのは、ローゼットワッシャーって奴です

ベリーのリグ兼ウエイトになります

ホームセンターに売ってますんで探してみてください!!

f0026982_9221917.jpg

マップピンは直径約6mmなんで6mmのドリル(あれば6.5mm)
f0026982_9261091.jpg

私は6.5mmの木工用ドリルを持っていないので、6mmで空けた後、6.5の鉄鋼用ドリルで広げてます

ローゼットワッシャーは直径9mmですので10mmのドリルを準備します

そうそう、先に薄めたセルロースにドブ漬けするのは穴あけ時に木の強度をあげて淵が割れないようにするためです。

切れ味の良いドリルなら先に空けちゃってもいいかもですが、ドブ漬けしてからのほうが良いですね

ついでにアイホール周りに窪みをつけますのでこんなのを100均で買ってきましょう!!
f0026982_9312024.jpg

今売ってるかな???ダイソーにありますので探してみてください♪









穴あけ中の写真忘れたんで、すでに完成後の写真で。。。(汗)
f0026982_9324049.jpg

f0026982_93229100.jpg

f0026982_9322687.jpg

アイホールはこんな感じ

実は安いドリルなんでふちが思いっきり欠けました(涙)

窪みを大きくしてリカバリーしました~(汗)

f0026982_9323786.jpg

f0026982_9323314.jpg

お腹はローゼットワッシャー二枚分の深さです

なんかルアーらしくなってきましたね~♪









穴あけをしたら、再度薄めたセルロースで防水処理しましょう~

ドブ漬け→乾燥→サンディングを数セット行います
f0026982_9325175.jpg

面倒なんでしばらく漬け込んでます(笑み)

これが自分用を作るときの醍醐味。。。いや手抜き?

なるべく木材に染み込ませた方が防水処理になるので良い方法なんですけどね♪

数セット終わったらいよいよ濃度のあるセルロースにドブ漬けします








ルアー作り初めのころは、下地もウレタンで行っていました

それでも全然かまわないと思います。

やっぱり色々準備するとお金かかるじゃないですか?

下地&トップコートウレタンでも問題ありません

ただ、下地ウレタン→トップコートセルロースですと実釣時ぶつけたところから、塗装がペリペリ剥がれます

密着が悪いんですね~

ここら辺のことはグーグル先生に聞いてみてください(笑)

説明が下手なんで。。。先輩方の意見を参考にしてください~










で、戻りますが木目を生かした塗装をするなら普通のセルロースにドブ付けを行います

私は白い下地を作って塗装をするのでこんなのにドブ漬けしていきます
f0026982_9325589.jpg

セルロースに白色ラッカー塗料を混ぜたものです。

ホワイトセルロースって物も売ってますよ~

f0026982_9325866.jpg

ここからはドブ漬け→乾燥の繰り返しです。。。

気を付ける点は、気泡が入らないことですね~

つて、お尻に気泡が入ってますね(汗)

仕上げに水研ぎをするのですが、気泡が入ったまま乾燥してしまうとピンホールが出来てしまいます

写真は。。。アップロード上限に達してしまった(汗)

では次回で。。。
[PR]
by ae86te27k | 2013-06-06 09:59 | 製作

ハンドメイドルアーを作ろう!!(その3)

それでは、その3行きましょう♪

さて、前回の削りまで出来ましたでしょうか???

f0026982_16563595.jpg


ここまでです♪

ではここからサンディングしていきましょう!!

使う道具はこんな感じ。。。の前にやることがありました(汗)

リグの位置をあらかじめ決めておきます


こんな感じでフックをあてて位置を決めます

この時にもセンターラインが目安になりますよ~

f0026982_1626378.jpg

千枚通しなどで穴を空けましょう♪

私はダイヤモンドやすりの尖ったやつでやってますが何でもいいです

f0026982_16264050.jpg

ブスっと!!
f0026982_16265878.jpg

お尻も~
f0026982_1627206.jpg

頭も~



で、今回は目をマップピンを使っていこうと思います
f0026982_162815.jpg

ですのでアイホール用にも印を付けます
f0026982_16291188.jpg

適当すぎたな。。。(苦笑)

皆さんはちゃんと位置決めしましょう!!




ではではサンディングして行きましょう♪

道具はこんな感じです~↓
f0026982_16582026.jpg

ハンドサンダー(ドレッサー)

一応、粗目・中目・細目があると便利です

バスウッドは比較的削りやすいので粗目はなくても大丈夫です

ハンドサンダーを持っていない場合は120番くらいのサンドペーパーから削っていくと良いですよ
f0026982_16582334.jpg

サンドペーパー

私はハンドサンダーの細目の後に400番→600番で仕上げました

サンディング中の写真は撮らなかったので、いきなり完成~♪
f0026982_1630893.jpg

f0026982_16301358.jpg

600番まで削るとかなりツルツルになりますね

実は少し研磨目を残した方が、次の下地工程での食い付きが良くなります

でも、この段階でツルツルにしておくと下地工程が楽になります

下地のドブ漬け回数が減るので乾燥待ちが短くなります。。。でも下地は弱くなりますね

今回は楽々仕上げでツルツルにしちゃいました(苦笑)

この辺は作る方にお任せです♪

自分用は全然気にしないスキル発動です!!



今回はここまで。。。と思いましたが、あと少し!!

サンディング終了後、薄めたセルロースに漬けて行きます~♪
f0026982_164483.jpg

きったない瓶ですが(汗)

ラッカーシンナーで希釈したセルロースです

かなりサラサラの状態になるまで希釈しましょう!!

で、ドブ漬け~
f0026982_16441438.jpg

気泡が出なくなるまで繰り返します

もしくはこのセルロースの瓶に漬け込んでもおkです

因みに吊るしにつかっているのは割り箸や竹ひごにロングヒートンを付けた物です
f0026982_16442074.jpg


貧乏臭い(笑)

けど、塗装まで使えますよ

と、言うわけで今回はここまでです~!!

次回はリグ穴あけ~下地ですかね♪
[PR]
by ae86te27k | 2013-05-30 16:55 | 製作

ハンドメイドルアーを作ろう!!(その2)

ハンドメイドルアーを作ろう!!その2です♪

前回でルアーのイメージは浮かびましたでしょうか?

私はこんな感じでしたね
f0026982_1250684.jpg


さて、次の工程の前にルアーにする木材を選びましょう!

木材といっても色々な種類がありますね~

ぱっと浮かぶところで、バルサ・バスウッド・檜・桂・アユース・ジェルトンなどなど。。。

沢山ありますね~

何を使うか?ってとこですが、はじめは削りやすいものが良いと思います

私はずっと桂を使っていました。

ちょっと硬いのですが、大きさに対しての重さがちょうど良いんです♪

ヒートンも効きますし、近所のホームセンターで

簡単に手に入るのも良い点でした。

でも、沢山削るとなると結構キツイんですよねぇ~008.gif

で、最近出会ったのがバスウッドです♪

桂に比べたら、なんて削りやすいでしょう!!って感じでした(笑)

ヒートンも効くんでこれはおすすめですね

最近は釣具屋さんにも置いてあるところもあるので手に入りやすいと思います!

削って見ないと分からないとこもありますが、色々試して見て下さい~

と、言う訳で私はバスウッドで作って行きます!




まず、角材にルアーの形を描いて行きます
f0026982_1364825.jpg


次に切り出して行きます~
f0026982_138463.jpg


使う道具はノコギリですね♪

電動工具をもっている人は使ってくださいね~

f0026982_1311883.jpg

こんな感じで切って行きます
f0026982_13122291.jpg


そしたら次はカッターを使って削って行きましょう♪
f0026982_1313103.jpg


使っているカッターはオルファの大きい方ですね

カッター刃は鋭角黒刃です

切れ味が良いほうが怪我を防げます

切れない刃で力いっぱいやってると。。。危険です!!


で、削って行きます。。。の前に大体で良いのでセンターラインを書きます
f0026982_1320233.jpg

これを目安に形を出して行きましょう!!

f0026982_13275183.jpg

f0026982_13274774.jpg

f0026982_13272828.jpg


良い感じですね~







で、お尻の二股はどうやるのかと言うと

f0026982_1327348.jpg

f0026982_1327581.jpg

電動ドライバードリルを使います♪




穴を開けると~
f0026982_13273877.jpg

こんな感じで二股になりました!!




でさらに削って。。。
f0026982_1613788.jpg


とりあえず削りは終了です~!!

ルアーに見えてきましたね♪

今回はここまでです!!

なんか、画像の大きさがおかしいなぁ~(汗)

次回はサンディング~下地つくりです
[PR]
by ae86te27k | 2013-05-26 12:45 | 製作

ハンドメイドルアーを作ろう!!(その1)

いやぁ~すっかりご無沙汰になってしまいました。。。(汗)

一応生きてます(苦笑)

釣りに行っても釣れないし、ルアーも作っていませんでなかなか書くことが無かったんですよね。。。

と言う、いい訳です><

管釣りには2回ほど行ってきて、ピッキーノで楽しんで来ましたよ!!

クランクベイトやトップのルアーならサイズにもよりますが、ストレス無く投げれますしね

自作のクランクにもバイトがありましたが、残念ながらばれちゃいました~

潜るルアーは作るのが難しいですね。。。

バランスがとにかく。。。と話が脱線してしまいましたが、本題は【ハンドメイドルアーを作ろう!!】です

何か宿題が無いとまたサボってしまうんでね(苦笑)




で、ハンドメイドルアーは敷居が高い!!と思う方が多いと思います。

もちろん私もその中の一人ですが。。。

当然、プロのビルダーさんの販売しているルアーや素人(もはやセミプロ)の方でも販売している

ルアーはそりゃもう敷居が高い!!って言っていい機能美をもっていますよね

でも、自分で使って釣って楽しむなら、簡素化できる部分はしても(手の抜くって奴)十分ルアーとして

機能してくれます!!

と、言うわけで自分が楽しめるハンドメイドルアーを一緒に作って行きましょう~!!

今回はもちろんトップウォーターのルアーですよ





の前に、なんでハンドメイドルアーを作ろうと思うのか???

私の場合はフツーにオールマイティーな釣りをやっていてからトップに転向したので

はじめに思ったことは『ルアーが高い!!』です

当時はビックベイトも流行っていなかったので、ルアー1個6000円!?って驚きました(苦笑)

高くても1700円位のルアーしか使って無かったですからねぇ~

なのではじめは中古のへドンやルーハージェンセンのニップとか使ってましたね(笑)

で、嵌まって行くにつれてレアなルアーに興味を惹かれて行く訳ですよ。。。

当然手に入らない(涙)

オクで2万とか払えません~。。。じゃ、コピってしまえぇ~!!がきっかけでした。





で最初にちゃんと作ったのがコレ↓
f0026982_14212243.jpg

ストレンジランドのディングボップVer.2ですねぇ~

これ以前にも大量に作っていましたが、ちゃんと作ったのはこいつが最初です

ノーマルのディングは持っていたんですが、こいつは手に入らなかったのでじゃ、って感じで作りました

まぁ本物には程遠い仕上がりですが満足なんですよね(笑)





きっかけは人それぞれあると思います

ルアーが高い・手に入らない・売ってるルアーじゃ物足りない(コレは上級者ですよね)

売ってるルアーじゃサイズが大きいと感じるなどなど。。。

前置きが長くなりすぎてしまいましたが、自分で楽しむなら何でも良いです(笑)!!

じゃ、早速参りますか~!!






作るにあたって色々道具や材料が必要になりますよね

そちらは工程ごとに紹介します

まずはどんなルアーを作るかです

コピーでも構いませんが、どうせだったら自分の釣り方や釣り場に相性が良いルアーが良いかもです

使いやすければ釣れる可能性がグンっとupします!!

ルアー釣り、特にトップの釣りってルアーを信じられるのって重要じゃないですか???

私の場合はこのルアーだと大きすぎるなぁ~。。。なんて思ってると釣れない事が多いです

メンタルって大事ですよね

じゃ、考えて行きましょう~!!








私の場合。。。

釣り方・・・とにかくカバーギリギリもしくはぶち込んで短い距離でアクションさせるのが好き

ルアーサイズ・・・地元のアベレージサイズ30cmくらいの小さい魚相手でも大きすぎを感じない
           8.5cm(マグトーサイズ)

釣り場・・・フローターでオーバーハングや葦などのカバーにぶち込むケースが多い

ルアーの種類・・・フックはお腹にダブルフック1本でお尻にペラもしくはブレードを付けたウィードレス
           性能の高い物

こんなところでしょうか

イメージが浮かびましたか???






じゃ、書きましょう~

f0026982_152977.jpg


こんな感じですかねぇ~サイズはもっと短くしようかな。。。

次は木材選びと実際に削っていきましょう~!!

では、その2で~!!
[PR]
by ae86te27k | 2013-05-24 15:04 | 製作

PC復活。。。というか買い替え!!

f0026982_2021623.jpg

本日PC買い替え&セットアップをしてもらいました!!

してもらった???

そうなんです同僚から自作PCを売ってもらい、セットアップまでやってもらいました♪

以前のPCは8年位前のビンテージだったので、その差は歴然!!!!!!!!!!!

めっちゃ快適です(笑)!!

モニターとキーボードとスピーカーとルーターは別途購入

それでも安く手に入りました

後輩よ。。。ありがとう!!
[PR]
by ae86te27k | 2011-12-21 20:06 | 製作

ブランドロゴ落書き中♪

なんとなくブランドロゴを描いてみました♪
f0026982_0184789.jpg

f0026982_019331.jpg

f0026982_0192412.jpg

一番下のがお気に入りなんですがどうでしょ???
86に見えますかねぇ~???

但しコレをイラストとしてPCで作るのっでどうやるんだろ(^o^;)

またyukiyukiさんに無理言っちゃうかも。。。(^o^;)
[PR]
by ae86te27k | 2011-12-20 00:18 | 製作