ハンドメイドルアーを作ろう!!(その1)

いやぁ~すっかりご無沙汰になってしまいました。。。(汗)

一応生きてます(苦笑)

釣りに行っても釣れないし、ルアーも作っていませんでなかなか書くことが無かったんですよね。。。

と言う、いい訳です><

管釣りには2回ほど行ってきて、ピッキーノで楽しんで来ましたよ!!

クランクベイトやトップのルアーならサイズにもよりますが、ストレス無く投げれますしね

自作のクランクにもバイトがありましたが、残念ながらばれちゃいました~

潜るルアーは作るのが難しいですね。。。

バランスがとにかく。。。と話が脱線してしまいましたが、本題は【ハンドメイドルアーを作ろう!!】です

何か宿題が無いとまたサボってしまうんでね(苦笑)




で、ハンドメイドルアーは敷居が高い!!と思う方が多いと思います。

もちろん私もその中の一人ですが。。。

当然、プロのビルダーさんの販売しているルアーや素人(もはやセミプロ)の方でも販売している

ルアーはそりゃもう敷居が高い!!って言っていい機能美をもっていますよね

でも、自分で使って釣って楽しむなら、簡素化できる部分はしても(手の抜くって奴)十分ルアーとして

機能してくれます!!

と、言うわけで自分が楽しめるハンドメイドルアーを一緒に作って行きましょう~!!

今回はもちろんトップウォーターのルアーですよ





の前に、なんでハンドメイドルアーを作ろうと思うのか???

私の場合はフツーにオールマイティーな釣りをやっていてからトップに転向したので

はじめに思ったことは『ルアーが高い!!』です

当時はビックベイトも流行っていなかったので、ルアー1個6000円!?って驚きました(苦笑)

高くても1700円位のルアーしか使って無かったですからねぇ~

なのではじめは中古のへドンやルーハージェンセンのニップとか使ってましたね(笑)

で、嵌まって行くにつれてレアなルアーに興味を惹かれて行く訳ですよ。。。

当然手に入らない(涙)

オクで2万とか払えません~。。。じゃ、コピってしまえぇ~!!がきっかけでした。





で最初にちゃんと作ったのがコレ↓
f0026982_14212243.jpg

ストレンジランドのディングボップVer.2ですねぇ~

これ以前にも大量に作っていましたが、ちゃんと作ったのはこいつが最初です

ノーマルのディングは持っていたんですが、こいつは手に入らなかったのでじゃ、って感じで作りました

まぁ本物には程遠い仕上がりですが満足なんですよね(笑)





きっかけは人それぞれあると思います

ルアーが高い・手に入らない・売ってるルアーじゃ物足りない(コレは上級者ですよね)

売ってるルアーじゃサイズが大きいと感じるなどなど。。。

前置きが長くなりすぎてしまいましたが、自分で楽しむなら何でも良いです(笑)!!

じゃ、早速参りますか~!!






作るにあたって色々道具や材料が必要になりますよね

そちらは工程ごとに紹介します

まずはどんなルアーを作るかです

コピーでも構いませんが、どうせだったら自分の釣り方や釣り場に相性が良いルアーが良いかもです

使いやすければ釣れる可能性がグンっとupします!!

ルアー釣り、特にトップの釣りってルアーを信じられるのって重要じゃないですか???

私の場合はこのルアーだと大きすぎるなぁ~。。。なんて思ってると釣れない事が多いです

メンタルって大事ですよね

じゃ、考えて行きましょう~!!








私の場合。。。

釣り方・・・とにかくカバーギリギリもしくはぶち込んで短い距離でアクションさせるのが好き

ルアーサイズ・・・地元のアベレージサイズ30cmくらいの小さい魚相手でも大きすぎを感じない
           8.5cm(マグトーサイズ)

釣り場・・・フローターでオーバーハングや葦などのカバーにぶち込むケースが多い

ルアーの種類・・・フックはお腹にダブルフック1本でお尻にペラもしくはブレードを付けたウィードレス
           性能の高い物

こんなところでしょうか

イメージが浮かびましたか???






じゃ、書きましょう~

f0026982_152977.jpg


こんな感じですかねぇ~サイズはもっと短くしようかな。。。

次は木材選びと実際に削っていきましょう~!!

では、その2で~!!
[PR]
by ae86te27k | 2013-05-24 15:04 | 製作
<< ハンドメイドルアーを作ろう!!... 今年のスミス >>